もぎたて生スムージーは副作用で下痢になるのは飲み方に難あり?

もぎたて生スムージーで気になるのが下痢ですね。

中には「副作用で下痢になる」という噂もあるそうですが、実際には好転反応で下痢になる場合もあります。

ということで、元々スムージーを長年愛用していて、今現在もぎたて生スムージー愛用者の私がその真相をお伝えしたいと思います。

もぎたて生スムージーを実際に使った体験談

もぎたて生スムージーは効果なし?下半身デブの私の口コミ

もぎたて生スムージーに限らずスムージーダイエットは下痢の可能性はゼロではない

まず、もぎたて生スムージーに限らずスムージーダイエットをすると下痢になる可能性がゼロではない、というのが大前提になります。

実は私はもぎたて生スムージーを飲む前に自作スムージーを飲んでいたことがあったのですが、その際に初めて飲んだ時からしばらく下痢気味になりました。

もちろん、そこには理由があります。

ですので、もぎたて生スムージーだから下痢になる、のではなくてスムージーダイエット自体が下痢になる可能性があり、それは必ずしも悪いものではないと捉えておくことが大事になりますね。

もぎたて生スムージーなどのスムージーダイエットで下痢になる原因とは

では、どうしてスムージーダイエットで下痢になるのか、見ていきましょう。

普段野菜不足の人が突然豊富な栄養が入り、腸内がいったん混乱するため

まず一つ目の原因が、突然体内に栄養素がたくさん入ってくるから。

言ってみれば好転反応です。

普段、糖質や脂質が多い食生活で野菜不足の人がいきなりスムージーを飲むと、普段栄養不足の中で栄養を吸収しようとしている腸内細菌がビックリしてしまうんです。

これは一時的なのでしばらくすると治りますが好転反応によって下痢などになる場合があります。

豊富な食物繊維により体内の不要物が排出されるデトックス効果

もぎたて生スムージーには豊富な食物繊維が入っているのですが、食物繊維を取り入れることで体内の老廃物や酸化物、毒素などの排出してくれる効果が期待できます。

その際に体内に有毒な毒素などがあると一気に排出されずに下痢につながる場合もあります。

こちらについても長期的なものではないので心配いらないです。

冷たいスムージーを飲むことでお腹が冷えてしまっている

こちらも多いパターンですね。

先ほども解説したようにもぎたて生スムージーにはたくさんの食物繊維が入っています。

ですので、お腹スッキリ効果があるのですが、冷やし過ぎると腸が冷えて下痢に繋がりやすい場合もありますね。

もぎたて生スムージーの下痢は下剤などではないので副作用ではない

このように、下痢になる原因はいくつかあります。

私自身、もぎたて生スムージーではないのですが、その前に自作でスムージーを作って飲み始めた時に下痢になりました。

多分、それまで不健康な食生活だったからデトックス効果が大きかったのではと思っています。

ただ、一週間も続けると下痢しなくなったので好転反応だったと感じていますね。

もぎたて生スムージー自体は下剤などではないので副作用による下痢ではないのでその点は安心して飲んでください。

もぎたて生スムージーで下痢を防ぐ効果的な飲み方とは

では、もぎたて生スムージーで下痢を防ぐにはどういう飲み方をすると効果的なのか見ていきましょう。

ゆっくり飲む(一気に飲まない)

まず簡単にできる対策としてはゆっくり飲むのがおすすめ。

一気に飲むとどんな飲み物でも腸内に刺激になりますし、冷たいとなると冷えの原因になります。

ですので、ゆっくり飲むのがおすすめ。

少し咀嚼をしながら飲むことで満腹感アップにもつながるので時間をかけて飲むのはダイエットにもおすすめの飲み方です。

お湯割りで飲む

もぎたて生スムージーはお湯割りで飲むこともできます。

スムージーダイエットは水割りのほうがお湯割りより栄養成分が吸収しやすい、と言われるのですが下痢になるのは逆に栄養成分が入りすぎているのでお湯割りを試してみるのもおすすめ。

慣れてきてから水割りに変更してみてください。

朝イチではなくて昼や夜に飲む

もともとお腹が弱い人は朝食を食べると下痢しやすい場合があります。

朝というのは胃腸も休まって起きた直後ですし、体内時計でも朝が排泄活動に繋がりやすい時間になります。

特に、過敏性腸症候群など腸が弱い人は朝を避けて置き換えるのもおすすめです。

逆に便秘気味の人は朝に飲むと排泄に繋がりやすいのでおすすめですよ。

まとめ

もぎたて生スムージー自体は下剤のような成分が入っているわけではないですし、特に副作用はありません。

ですが、スムージー自体が栄養成分が豊富なことから腸に刺激を与えやすい飲み物になります。

ですので、気になる人はこの記事で紹介したような対策をして下痢を遠ざけてみてくださいね。

ほとんどの人は下痢にならないと思いますが特別、腸が弱い人はぜひ参考にして頂けたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です