もぎたて生スムージーいつ飲むのが正しい?朝、昼、夜の飲み方と効果の違い

もぎたて生スムージーを使うに当たって気になるのがいつ飲むのかという点です。

飲み方についてはダイエットに直結するので気にしている人が多いですよね。

ここではスムージーダイエットにおいていつ飲むべきかの考え方をお伝えしたいと思います。

もぎたて生スムージーを実際に使った体験談

もぎたて生スムージーは効果なし?下半身デブの私の口コミ

もぎたて生スムージーいつ飲むべき?タイミングと期待できる効果の違いとは

基本的にもぎたて生スムージーに限らずスムージーダイエットはいつ飲んでも構いません。

ただ、飲む時間帯によって微妙に効果が違ってきます。

ですので、自分が期待したい効果を踏まえて飲むのがおすすめですよ。

朝にもぎたて生スムージーを飲むと代謝アップ効果・お通じ効果が期待できる

基本的に人は寝ている最中もカロリーを消費しているので朝はエネルギーが不足している状態になります。

ですので、朝食を食べてエネルギー補給をすることが大事なのですが、もし朝食を抜くと身体が省エネモードになり代謝が落ちてしまいます。

基礎代謝は「何もせずに過ごしていても消費するカロリー」のことでこれが衰えると太りやすくなります。

ですので、朝食は実は痩せるには大事なんですね。

同じように、もぎたて生スムージーを朝に飲むことで代謝アップ効果が期待でき、痩せやすい体質になれますよ。

また、朝はお通じが出やすい時間になるので便秘気味の人は朝にもぎたて生スムージーを飲むとお通じが良くなりぽっこりお腹にもおすすめです。

ただし、下痢気味の人は朝に飲むと食物繊維などの成分によって下痢になりやすい可能性もあるので注意が必要です。

また、朝は置き換え効果自体は小さいので摂取カロリーを減らす効果は夕食置き換えより小さいのも欠点ですね。

もぎたて生スムージーで下痢になる場合の対策

もぎたて生スムージーは副作用で下痢になるのは飲み方に難あり?

もぎたて生スムージーの昼食置き換えはカロリーカット効果、腹持ち効果が期待できる

昼食は3食の中でもエネルギーに変わりやすい食事になるのでカロリー消化に繋がりやすいという特徴があります。

よって、ランチはある程度食べてもそこまで太りにくいわけではないので置き換え効果は実はそこまで大きくありません。

ただ、スムージーは腹持ちが良いので夕食を楽しみたい場合などは昼食置き換えもおすすめですし、置き換えると結構なカロリーカット効果が期待できます。

夕食置き換えはダイエット効果が大きく胃腸への負担を減らせる

夕食は基本的に最も食事量が多くなりやすい上に食べた食事が脂肪に変わりやすいです。

また、遅い時間に夕食を食べると未消化のまま眠ることになり胃腸に負担がかかったり眠りが浅くなるなどの欠点があります。

その点、夕食置き換えをするとカロリーカット効果が大きい上に胃腸への負担を減らすことができるという強みがあります。

置き換え効果自体は最も大きいので夕食置き換えも本気で痩せるにはおすすめですね。

もぎたて生スムージーの飲むタイミングのおすすめは朝か夜

基本的にはどのタイミングで飲んでも良いのですが、個人的には朝に飲んで代謝UP+お通じ対策をするか、もしくは夕食置き換えでしっかりカロリーを抑えるのがダイエットにはおすすめですね。

昼食はたくさん食べても日中はしっかりエネルギーに変わるのでそこまで太りやすいわけではありません。

ですので、朝か夜に置き換えるのが良いと思います。

もぎたて生スムージーの飲み方の注意点

最後に飲み方の注意点について簡単に触れておきます。

もぎたて生スムージーと同時に食事やおやつを摂らない

基本的にスムージーを飲む際は食事やおやつとタイミングをずらすようにしてください。

食事とスムージーが同時に消化・吸収されるとメリットがなくなってしまうからです。

目安としては1時間以上はずらして別の食べ物を胃の中にいれるのがおすすめですよ。

習慣にして継続することが一番大事

ダイエット効果を出すには習慣にして継続することが一番大事です。

3日坊主だとダイエット効果は出ないので一定のリズムで飲み続けるようにしましょう。

実はもぎたて生スムージーがおすすめなのは習慣にしやすいというのも大きな理由です。

以前、自作スムージーを作っていた時は毎日作るのが面倒だったので、その点を考えると本当に粉末をまぜるだけのもぎたて生スムージーは簡単で習慣にしやすいんです。

その点で毎日続けるには間違いなくおすすめですね。

まとめ

もぎたて生スムージーを飲むタイミングは自由ですが、いつ飲むかによって期待できる効果が微妙に変わってきます。

個人的には朝か夜の置き換えがおすすめですが、自分の生活スタイルや体質なども踏まえて決めるようにしてください。

また、いつ飲むか以上に飲み続けることのほうが大事なのでその点は念頭に最低でも3か月は続けるようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です